F.N.A.

ナイチンゲール看護研究所
Florence Nightingale Archive
----------

『看護覚え書』を読む
----------
 F.N.A.
 トップページ
  
   
  研究所概要
 
 
 
  7つの素顔
 ・プロローグ
 ・著述家
 ・看護の発見者
 ・優れた管理者
 ・衛生改革者
 ・病院建築家
 ・統計学者
 ・社会福祉士
 ・エピローグ
 ・参考文献

 
 ナイチンゲール
  KOMIケア理論
 ・F.N.との出会い
 ・F.N.からKOMI
 最近のエピソード
   KOMIブログ
 ・研修会のご案内

 
  看護覚え書
 ・真価と今日的意味
 ・看護覚え書を読む

 
  関連論文
 ・金井 一薫
 ・小南 吉彦
 ・研 究 員 他

 
   ご案内
 ・関連書籍
 ・関連サイト
 
 「看護覚え書・入門」は、現代社の『看護覚え書』の共訳者でもある当研究所顧問小南吉彦が、NPO法人ナイチンゲールKOMIケア学会の会報「ナイチンゲールKOMIケア通信」に、毎号掲載された原稿に若干の加筆をして、一冊の小冊子にまとめたもの(下記参照)で、最終号・第12号が発刊されました。

・『看護覚え書』を読む

 ―ナイチンゲールの「看護原理」を学びとるためのヒントとして―

第1号


第2号
第3号
第4号
第5号
第6号

第7号

第8号

第9号

第10号
第11号



第12号

・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
序文
序章
第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
第6章
第7章
第8章
第9章
第10章
第11章
第12章
第13章
第13章
第14章
第15章
第15章
第15章
第15章
第15章
第15章
第16章
第16章
「はじめに」、
(1)、(2)   
換気と保温(1)、(2)、(3)
住居の健康(1)、(2)
小管理(1)、(2)
物音(1)、(2)、(3)
変化(1)、(2)、(3)  
食事(1)、(2)  
食物の選択  
ベットの寝具類(1)、(2) 
陽光(1)、(2)  
部屋と壁の清潔(1)、(2)
からだの清潔(1)、(2)  
おせっかいな励ましと忠告
病人の観察(1)、(2)  
病人の観察(3)、(4)、(5)、(6)
おわりに(全)
補章[1]看護師とは何か (1)
補章[2]看護師とは何か (2)
補章[3]看護師とは何か (3)
補章[4]−2. 回復期(1)
補章[5]−2. 回復期(2)
補章[6]−3. ロンドンの子供たち
付録・赤ん坊の世話(1)
付録・赤ん坊の世話(2)


上記の小冊子は、各号1冊200円にて現代社より、
販売されております。ご自身のみならず職場での勉
強会等々、有効に活用していただけたら幸いです。

尚、第8号は完売しており第2刷りは、平成29年秋頃を予定しております。
他の号に付きましても完売次第、終了となりますので
ご了承の程お願い申し上げます。

ご希望の方は、下記方法にて「お申込」下さい。
送料は実費(20冊以上無料)、代金は同封の「郵便振替」
の用紙で、お振込となります。

申込先:株式会社 現代社
TEL :03−3203−5061
FAX:03−3203−5217
E-mail :eigyou@gendaisha.co.jp
 

















下記は、小南から『看護覚え書』を読む方へのメッセーッジです。

 本稿は、看護学校や介護学校に入学した学生たちが、入学直後に看護や介護への入門書として『看護覚え書』を読むことを、もとめられることが多い現状を考え、それを念頭において書かれた、いわば初学者のための解説である。

 すなわち、まだ看護や介護に対して白紙に近い学生たちが『看護覚え書』をとおして、他者をケアする仕事の底に横たわるケアの原理を、おおづかみにつかまれることを希望して書いたものである。

 なお、筆者は看護と介護とは基本的にまったく同じはたらきであると考える立場をとっている。それで、あれこれ思案の末、本稿においては看護と介護とを合わせて「看護」という言葉で表現することにした。 
 
 つまり、ナイチンゲール(FN)が本書において提唱する「看護の原理」は、たんに看護のみならず、介護や育児やまた家事なども含めて、およそ「人が人をケアする」すべてのはたらきや職能に共通する原理であるが、それらをまとめて表現する適切な言葉がどうしても見当たらないので、それらを代表する言葉として「看護」という言葉を使うこととしたのである。

 と、ここまで書いて筆者は、はっとした。というのは、FN自身が『看護覚え書』の冒頭ではっきりと私は他によい言葉がないので看護という言葉を使う」と書き記している(序章の6節)ことに思い当たったからである。そうだった。FNもあれこれと迷ったに違いない。そして結論として、看護という従来の狭い言葉では表現しきれないのであれば、反対に看護という言葉そのままを拡大し、看護という概念そのものを広げ深めることにしよう……と

 もうひとつ付け加えておく。看護や介護のケアを受ける人びとは、決してそのすべてが“病人”ではないにもかかわらず、本書においてFNはもっぱら、“病人”の看護を語っているが、それには深い意味があることである。それは、「看護への入門は、まず“病人の看護”から入るのがもっとも適切である」というFNの明快な実践哲学があるからである。

 それで本稿においては筆者も「病人の看護」を中心に書き進め、またもっぱら“病人”という言葉をもって、ケアの受け手のことを表現していくことにする。

 
『看護覚え書』
 1世紀以上も前に書かれ、現在も看護の思想の基本となっている〈幻の名著〉の完訳

  看護とは与薬や罨法などだけではなく

 看護とは、新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさなどを適切に整え、これらを活かして用いること、また食事内容を適切に選択し適切に与えること、こういったことのすべてを、患者の生命力の消耗を最小にするように整えること、を意味すべきである。

 とナイチンゲールは述べている。これこそ、今日の看護がとるべき立場であろう。看護・介護を志すすべての人にとって必読の名著である。   
             

『看護覚え書』
■主な内容

 序章/換気と保温/住居の健康/小管理/物音/変化/食事/食物の選択/ベットと寝具類陽光/
 部屋と壁の清潔/からだの清潔/おせっかいな励ましと忠告/病人の観察/おわりに

 補章=看護師とは何か/回復期/ロンドンの子供たち/女性の雇用に関する覚え書/他
 付録=赤ん坊の世話


   
              
   
                     F.N.A.
                         (C) F.N.A. All rights reserved.